FC2ブログ

Nosquiat~ノスキア?

今年秋に大分で開催された国民文化祭。
約1ヶ月半くらいの間で、県内あちこちで
のんさんの絵を見ていただく機会に恵まれました。

普段は、なかなか見る機会のない方々にも
見ていただくきっかけとなったのだろうと
思えることがありました。

な、なんと
のんさんの絵をほしい!という方から
連絡を頂きました。
Σ(゚□゚(゚□゚*) 
すごーい!

その絵はこちらの2点。
「数字の向こう」
S__20799500.jpg
「エレベーター」
S__20799499.jpg

先日、その方にお会いして
お話してきました。

その方は、Aさんとお呼びしますね。

Aさんは、
絵を見るのがとても好きな方で、
普段から県内外の
美術館に足を運んでらっしゃるそうです。

仕事のストレス発散が
絵を見ることらしくて、
癒しを感じるのだと話されていました。

「実は、僕にすごくすきな作家がいて
(のんさんの)作品を見た時に
似てる!って思ったんです」

そういいながら、
1冊の本をカバンから出して見せてくれました。

それは・・・
な、なんと!
Basquiat バスキアだったのです!!!
(゚△゚;ノ)ノひ、ひえ~
恐れ多すぎる~

S__20799503.jpg

バスキアといえば、
ZOZOTOWNの社長 前澤氏が123億で購入して
話題となったあの、バスキアですよ~。
↓123億円はこちら
S__20799501.jpg


先にあげた2点ののんさんの作品の
自由で型にはまらないところ、
のんさんの絵と文字の融合してるところ
色合いなどが、バスキアを彷彿させるようです。

う、嬉しすぎる
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
。゚(゚´Д`゚)゚。

しかも、このバスキアの本。
プレゼントしてくれたんです。

今、リビングのテーブルに
のんさんにより配置されております。
S__20799502.jpg

今日、ぱらぱらとめくる
のんさんの姿も見られました!!

のんさんも、気になるのかな・?

なにか、面白い影響が出てくれたらな~と
ニヤニヤしてる母であった・・(* ´艸`)

ちなみに、↓の
グリグリ、ガッシャーと描かれた感じとか、
重なって描かれてる感じは
母的になにか似てるものを感じる・・・。

S__20799508.jpg




↓本よりバスキアの作品抜粋してみました。
どうでしょうか?
S__20799504.jpg

S__20799505.jpg

S__20799506.jpg








スポンサーサイト



「の」・ヴィンチ・コード

もう10年くらい前になるでしょうか。

「ダ・ヴィンチコード」という映画がありました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品「最後の晩餐」に
実は、暗号が隠されてるとか、なんとかっていう話の
内容映画です。

さて、のんさんの絵にも実は、
隠し文字があるんです!
ダ・ヴィンチ・コードならぬ、
「の」ヴィンチ・コード!!(゚∀゚)

ただいま開催中の
「秋のカルテット」展

こちらで展示している作品

「おしごと」
S__8241302.jpg

こちらの絵には、
実は、なんと
アルファベットで
「OSHIGOTO」の文字が入っています。
S__8208389.jpg

のんさんに、
聞いてみたら、
白黒でコピーした絵に
クレヨンで描いて教えてくれました。
実際にのんさんが描いたもの↓
S__8208390.jpg

なるほど、こうなってるのか!!
腕の部分が「S」になってるのは
すぐわかりましたが、
まさかの「OSHIGOTO」

それから、
「エレベーター」という作品
S__8241303.jpg

これにも隠し文字が。
S__8241155.jpg

S__8241156.jpg

S__8241157.jpg

S__8241158.jpg

竹町という文字と、
竹町商店街のアーケードにある
半円形のスタンドグラス風のモチーフが描かれています。

それから、エレベーターだから、7F(七階)
「色」「ニュージーランド」

謎すぎる文字たち(笑)

いくつもの絵が重なって、
のんさんの不思議ワールドが
完成されます。
まるでグラフィックの世界。

ほかの作品にも
もちろんあります。

画像では、わかりにくいものもあり、
ぜひぜひ実際に見て、
謎解きしてみてほしいです(笑)
((^∀^*))



エヴァンゲリのん

新学期がはじまりました。
のんさん、始業式の日、
賞状をお持ち帰りしてきました\(^o^)/

大分市のみなさんにはおなじみ
「高山辰雄賞」です。

S__7463184.jpg

ちなみに、高山辰雄賞ジュニア美術展は、
大分県大分市出身の日本画家
高山辰雄を記念して
県内の幼稚園、小・中・高等学校、
特別支援学校の児童・生徒を対象として
開催する絵画賞及び絵画展です。

さて、どんな絵を描いたんだろう・・・。

賞状をもらって帰った翌日に
早速先生におたずね。

で、先生に見せてもらいました。

S__7463183.jpg

ざ、斬新!w( ̄o ̄)w

またこれまでと違ったタッチで描いてます(笑)
おもしろ~い(´∀`*)

先生は、エヴァンゲリオンみたいだと言ってました。
で、「エヴァンゲリのん」

私には、草間彌生さんに見えました(笑)
髪型とか、周りの水玉とか。

大分で展覧会があったときは、
のんさん連れて見に行ったから、
もしや・・・な~んて。

帰宅した本人に、
この写真を見せたら、
「のんくんが、のんくん描いた」
と言ってました(^∇^)

のんさんの作風はほんとに様々。
同じ人が描いたように見えないものも。

今度、9月17日からはじまるグループ展でも、
また全然ちがった作風の作品を出展予定です。

絶賛準備中!!
S__7479676.jpg
結構、やることいろいろあります(笑)

そうそう、DMももうすぐ出来上がりそうです。
また、そのお話は後日・・・。

またひと味ちがうのんさんの絵を
早くみなさんに見ていただきたいな~。
楽しみにしててください(´∀`*)


どこ見てんのよ~

のんさんがよく描く絵にこんな絵があります。
S__6185004.jpg

S__6381653.jpg

はじめは何かわかりませんでした。
色も、途中までしか塗ってないのもあれば、
ゴリゴリに塗っていたり。

実は、塗らない部分もわざと残してる風の、のんさん。

時間があいて
また次なる発展を見せます(笑)

S__6185001.jpg

S__6185003.jpg

S__6185000.jpg

こういった絵が、部屋のあちらこちらに
飾ってあったり、スケッチブックに描かれて
とじてあったり、棚の後ろからでてくることもあります。

謎を家中にばらまかれてる気分です(笑)

で、あるとき、マンションの1階で
降りてくるエレベーターを待っていると、
ドアの上の方を指で触り、
「Tさわったー!!!!」と満面の笑み
(^∇^)

なんだろうと、指の先を見てみると、
確かにTの形が。
S__6463512.jpg


よくわからないのですが、
非常時そこに鍵を差し込んで
ドアを手動で開けるとか。

「!!!!!!」
なるほど、これかー!
謎が解けたー\(^o^)/

謎解きといえば、「名探偵コナン」
余談ですが、「コナン」の字体も好きなのんさん(笑)
S__6381670.jpg

話は戻しまして、
これらは、エレベーターのドアを
外側から見た絵で、
Tは鍵穴。

これまでは、のんさんはまだ小さくて、
下からTの字を見ていたんですね。
いろんなところのエレベーターのTの形の鍵穴を。

それが、のんさんも背が随分と高くなり、
たまたま引越し先のエレベーターでTの形を発見して、
さらに、その鍵穴に
大きくなって手が届くようになったんだね。
それは、喜びもひとしおだね、のんさん(´∀`*)

でも、鍵穴も
Tの形だけではありません。
虫眼鏡みたいな形ものんさんは描きます。

でも、きっとどこかにあるはず。

そして、見つけました。
たまたま。

S__6184992.jpg

S__6381652.jpg

古いタイプのエレベーターは、
このような鍵穴らしいです。
これまでのんさんが行ったところのどこかの
エレベーター。

写真は、残念ながら、
のんさんが行ったところではないですが、
古いビルや古いマンションには、
このようなタイプのエレベーターがあります。
ちょっと気にしてみるのも面白いですよ。

ちなみに先ほどの写真はこちらのエレベーターです。
S__6184995.jpg

正直、なんだか
よく分からないものを描いてます。
たまに、わかりやすい、かわいい絵も描きますが、
一見、わけのわからないものをたくさん描いてます。

でも、熱心にひたすら描いています。
ひたむきに。

描いているときは、
描きたくて、描きたくてしょうがないって
感じで描いています。

「絵が描けるっていいね」とか
「自閉症の子って、絵を描く才能があるんでしょ?」
とか、言われることがあるんですが、
とんでもないと思っています。

絵が描けるようになったのは、
突然才能が開花したわけではなく、
長年、のんさんがこつこつ積み上げてきた結果です。

それに、描く絵は、
ほんとわけのわからないものだらけです(笑)

でも、本当に好きで描いていて、
一本一本に気持ちが込められているのが
ものすごく伝わってきます。

ただ、それだけなんです。

どんな子どもたちも
きっと大好きなことがあって、
夢中になってることがあると思います。

絵を書いたり、スポーツができたり、
音楽を奏でることができたり、
お勉強ができるだけが
子どもたちの才能ではないなと思います。

お友達となかよくできたり、
虫が好きだったり、
食べるのが好きだったり、
エレベーターの鍵穴が好きだったり!

そんな、好きなことに夢中なれることが
才能なんだと思うようになりました。

のんさんに付き合って、
のんさんが好きなものを
何時間も眺めてきました。

そしたら、自分もマニアになってきます(笑)
面白くなってきます。

のんさんが見ているものが
わかったときの面白さ。
クセになります。
アハ体験?できますよ。

のんさん、今度は
何見てるのよ~(* ´ ▽ ` *)









プロフィール

non labスタッフ

Author:non labスタッフ
ASD(自閉症)の作家
のんさんは、絵を描く喜びを
知った時から、生活の一部の
ように、絵を描き続けています。

のんさん曰く
「ぼくのえは、ぼくのきもち」

独特な彼の目線から、切り取
られ、描かれる、なんとも不
思議な世界がそこに広がります。

そんなのんさんの、
思わず笑顔になれちゃうよう
な作品たちやグッズにしたも
のたちをみなさんにお届けで
きたらと思います。

わたしたちは、
のんさんのアート活動を
支援するスタッフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR