FC2ブログ

表現するものに宿るチカラ

言葉の持つ力を、
わりと子どもの頃から感じるものがあり、
本を読んだり、
文章を書いたりすることが
好きでした。

話し言葉であったり、
書き言葉であったり、

その表現の難しさだったり、
面白さだったりを感じながら
本を読んだり、文章を書いたりするのが
好きといいますか・・・。

でも、頭の中にある
「思い」や「考え」といったものを
いざ、外へだそうとした時、

長時間思考したり、
強い思いがあったものにも関わらず、

外に出した途端に、
急に稚拙なものなってしまって
愕然とすることもありました。

逆に外へ出した途端に、
人の心に触れるほどの力が宿るのを
感じたこともありました。

だからこそ、言葉の力に魅力を感じ
脅威にすら感じてきました。


のんさんは、今、絵を描いたり、
文字を書いたりして自己表現をしている。

そこに触発されて、
私も「言葉」による表現について
これからのことをいろいろと
考えていた矢先・・・・


先日、のんさんの記事が
新聞に掲載されました。
S__19251219.jpg

S__19251220.jpg


2時間弱、記者さんに
のんさんの生育歴から、
最近の様子までお話しました。
雑談のように。

その膨大な言葉たちを
記者さんが拾って
結んで、紡いで
とても素敵な記事に
仕立ててくださってて
読んで感動しました。

見てるこちらも顔がほころぶような
のんさんスマイルと
素晴らしい記事に
朝からたくさんの方に
お声かけ頂きました。

こんな文章が書けるって
すごいな・・・。
「書くこと」を仕事にされてるプロの方のすごさを
目の当たりにしました。

絵もそして文章も

表現することって
ほんとそこに宿る力はすごいですね。

S__19251221.jpg

S__19251223.jpg

新たなを開く
それぞれの内に持つのかな・・。

私もがんばろっと。
スポンサーサイト



お母さんはサイボーグではない( ;∀;)

私はおそらく体が強い。
6・3・3と12年、学校を休むということがない子でした。
大きな病気やケガはしたことがありません。

が、しかし、私もいい歳。
ときに体調を崩すことがおこってきました。

Telescope ~望遠鏡が終わり、
どうも胃腸の調子がすぐれない日が
たびたびありました。

そんな矢先、
つい先日
突然、激痛に襲われ
下痢に嘔吐に
さらに瞼や唇が痙攣し本気でやばいと思いました。

病院へ・・・と思ったとき
さて、のんさんはどうするか?

ひとまずは、お父さんにまかせて、
一人で病院へ行こうと
ケータイを握り、タクシーを呼ぼうと
したけれど、普段、タクシーとか使わないから、
電話番号わからない(:_;)

タクシー会社を検索しようとかしてたら、
気持ち悪くてそれどころじゃなくなりました。

結局、いろんなものを出し切ったら
すこし症状が落ち着き、
もう疲れ果て、気が付いたら
部屋に向かう廊下で寝てました( ´∀` )

重度の障害のある子を抱えていると、
自分が病気のとき
ほんと困るなあと痛感しました。

具合が悪い中、
これは病院へすぐに行った方がいいのかとか、
どうやって病院に行こうとか、
次の日ののんさんの学校どうしようとか、
のんさんの世話はどうしようとか
そのほか、うまく考えられなくて。

こんなとき、お父さんはというと、
お母さんに何かあった時、
思考が停止するのか、
どうしたらよいのかわからなくなって、
具合の悪いお母さんを前に
「何かあったら言って」と
指示待ちになってしまっている・・・。
(ノ_<)


お母さんはサイボーグではないから
いつ病気で倒れるかわからない。

だから、そうなったときに
どうしたらよいか、
普段から話しておかないといけないなと
痛感しました。

防災と同じですね。

腸が弱ってるときは
消化の良いもの。
ということで、のんさんの新作「バナナ

のんさん作「バナナ
S__19152899.jpg

ちょっと変わった「バナナ
S__19152898.jpg
こっちは、まだ熟してないバナナみたいです。










テレビの取材…(´・ω・)だったのですが

テレビ局より、
某番組の取材撮影の
申込がありました。

テレビにちなんで、
のんさんの作品
「てれび」
S__20070409.jpg

10月から始まる
国民文化祭
S__18923674.jpg

今年は大分で開かれることで
障がい者アートにも
スポットが当たってる
そんな感じです。

4月のライト・イット・アップブルーの
展示で、のんさんの
「竹町・たけまち・タケマチ」の作品が
印象に残っていたとのことで、
取材のお声がかかったようです。

竹町 たけまち タケマチ
S__8733080.jpg

ローカル番組ですが、
ゴールデンの時間帯の情報番組なので、
一人でも知ってもらえる
大きなチャンスかな?と思って
一度取材を受けました。

3日後に自宅に取材に来てもらえることに
なっていたのですが、
お断りをすることになりました。

というのも、昨日
ある新聞社の方が
のんさんの写真を撮りに来られて。

この取材は、
先月にお話を頂いていて、
のんさんの状態を見ながら
日にちや時間帯を決めたり、
私と、本人の取材を別日にしたりと
かなり配慮をしていただいての取材でした。

それでも、のんさん。
昨夜は、部屋中をいつも以上に
せわしなく歩き回り、
あげく、私と手をつないで
歩くように要求してきて、
不安な様子で。

新聞社の方が帰られてから、
iPadを2度ほどぶん投げて
夜は、なかなか眠れず
なんどもなんども私のところに
やってきては、
何かを確かめるようにのぞいて
自室に戻るを繰り返してました。

以前、元気の出るアートで
動画を製作するということで、
テレビ撮影をしたときは、
不安定になることはなかったのですが。

今は実習中ということもあり、
いつもと違う状態。

先週に比べて、
今週はぐっと慣れて
落ち着いていたので
大丈夫だろうと、
私の考えが足らず、
結果のんさんを
不安定な状態にさせてしまいました。
(ノ_<)

は~反省|ω・`)

この配慮しまくった取材で
ダメだったので、
急に言われての取材は
もってのほかだろうと。

それで、すぐに
テレビ局の方に
断りの電話を入れました。

今は大事な実習中。
のんさんの状態が最優先です。

まあ、今回はご縁がなかったのかな。
(´・_・`)





のんさんは実習中

9月3日より
のんさんは、最終の現場実習に突入しました。

3月には、学校を卒業して
4月からは社会に放たれるのです・・。

卒業後の進路先は、
福祉施設の生活介護へと行きます。

6月の実習先と同じところなのですが、
今回は、送迎も施設の方にお願いして、
今現在利用者のみなさんと一緒に
事業所へ向かいます。

送迎があって( ・∀・) イイネ!と
思いがちですが、
ここも難しいところがあります。

利用者さんたちとの相性とか。
座る位置にこだわる人がいたり、
独り言を言う人がいたり、
常に誰かに話しかける人もいたり、
ルートにこだわる人がいたりと
様々な人がいます。

そんな中で、うま~く
送迎車で過ごしていけるのか?
のんさんのこだわりは
果たしてみなさんに受け入れらるのか??
など、ドキドキポイント満載なのです。

ひとまず、今のところ
大丈夫なようで。
ほっ(>_<)

ただ、帰宅後、
めっちゃイライラしてます。
( `皿´)キーッ!!

毎日のように
iPadをぶん投げて
激しく家中飛び回り・・・・
(ノ_<)
階下の住人の方には大変申し訳なく・・。

夕飯と、お風呂が住む頃には
普段ののんさんに戻るのですが、
ひと暴れあります・・・。

どうにか、iPadが
再び破壊されることがありませんように・・・
(つω-`。)

ただ、一方で
可愛い作品もできました。

なぜだろう・・・。

精神状態が悪い時に
得てして良い作品がうまれると
聞いたことがありますが、
これもそうなのか??

ハイヒールとブーツ
S__18554889.jpg

腕時計
S__18554890.jpg

額に入れて
リビングのソファに
置いてみたり・・・
S__18554888.jpg



いかがでしょう?
私はめっちゃ気に入っています。
おっしゃれー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
なんてね。



プロフィール

non labスタッフ

Author:non labスタッフ
ASD(自閉症)の作家
のんさんは、絵を描く喜びを
知った時から、生活の一部の
ように、絵を描き続けています。

のんさん曰く
「ぼくのえは、ぼくのきもち」

独特な彼の目線から、切り取
られ、描かれる、なんとも不
思議な世界がそこに広がります。

そんなのんさんの、
思わず笑顔になれちゃうよう
な作品たちやグッズにしたも
のたちをみなさんにお届けで
きたらと思います。

わたしたちは、
のんさんのアート活動を
支援するスタッフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR